スポンサーリンク
光る目覚まし時計

【睡眠リズム照明トトノエライト】光る目覚まし時計をレビュー|#17

【睡眠リズム照明トトノエライト】光る目覚まし時計をレビューをします。 前回のムーンムーン株式会社の4世代目にあたるinti4sは「朝起きれない」という悩みを根本から解決してくれるものでした。 しかし、今回の5世代目のトトノエライトは完全にinti4sの能力も継承した上に、夜も快適な入眠へと導いてくれます。 まさに、睡眠リズムや体内リズム、そしてもっというと、あなたの生活習慣を整えてくれます。 本編を見ていただれば、理由がわかります! 毎日バナナ
光る目覚まし時計

【180度人生が変わる】光る目覚まし時計をオススメする本当の理由とは!?

光る目覚まし時計をオススメする本当の理由を紹介しています。 朝早起きして自分の時間を作ってほしいからです。 何を始めるにしても、あなただけの時間が必ず必要です。 その時間を作るために、光る目覚まし時計を購入しましょうと言う話です。 同じ毎日を繰り返しても人生が好転するわけではありません。 人生が変わるきっかけは自分自身が動くことで作り出せます。 毎日バナナ
睡眠

【朝起きれない人必見】毎日早起きを習慣化させる方法を紹介します!|毎日バナナ

朝起きれない人のために、毎日早起きを習慣化させる方法を紹介しています。 なんとなく健康のためとか、早起きしたほうが体に良いくらいの目的では、早起きは続きません。 私の体験談でも話ましたが、絶望を感じ、人生を変えるために、早起きして読書をするなど、 具体的であればあるほど、モチベーション高く継続できます。 これにプラスして、睡眠の質を高めたり、悪習慣を断ち切りましょう。 毎日バナナ
睡眠

【サウナと睡眠】医者が教えるサウナの教科書を実践してみた!|毎日バナナ

サウナは単なる娯楽ではありません。 サウナがすべての健康法の中で、もっとも効率的に、そして瞬時に脳と体をととのえることができます。 今回は、主にサウナと睡眠の関係性がテーマです。 しかし、サウナには、美容効果、集中力ひらめきアップ、ダイエット、免疫力アップなど色々あります。 気になる方は、ぜひ「医者が教えるサウナの教科書」を読んでみてください。 毎日バナナ
光る目覚まし時計

【光る目覚まし】PhilipsHue(フィリップスヒュー)目覚ましライトHueGOをレビュー!#16

【光る目覚まし】PhilipsHue(フィリップスヒュー)目覚ましライトHueGOをレビューしています。 アレクサや携帯と連動する「現代風」光る目覚まし時計です。 目覚まし時計だけでなく、いろんな用途としても使用できます。 この機会に、あなたのフィリップスヒューをデビューしませんか? 毎日バナナ
睡眠

【不眠解消】「整骨院」と「睡眠」の意外な関係性!整骨院で不眠は解消される!?

「整骨院」と「睡眠」の意外な関係性についてのお話です。 わたしの実体験をもとに、整骨院の施術が睡眠にどれだけの影響があったのかお話しします。 特に、コロナ禍になって生活が一変し、不眠で悩む人は増えています。 もしかすると、あなたの答えが見つかるかもしれません。 毎日バナナ
睡眠

【眠れなくほど面白い!睡眠の世界記録】人は何時間起きていられる?

眠れなくほど面白い!睡眠の世界記録】人は何時間起きていられる?というテーマです。 今回はテーマにあるとおり、「人はどれくらい睡眠をとらずに起きていられるか」についての世界記録を紹介します。 間違っても記録を塗り変えようと、挑戦しないでくださいね! あなたの健康を損なう可能性がありますので、あくまでも雑学として聞いてください。 ちゃんと質の良い睡眠をとって、他のギネス記録を目指しましょう! 毎日バナナ
人生論

【知らないと損】人生のパフォーマンスを上げる方法5選!|毎日バナナ

人生のパフォーマンスを上げる方法5選は、「睡眠」「食事」「精神」「運動」「コミュニケーション」の5つです。 さらにいうと、睡眠にとっても他の4つが必要ですし、食事にとっても他の4つが重要です。 全て密接に関わり合っています。 今日お話しした内容は、どれもすぐに取り組めるものばかりです。 実際にやってみて、効果を実感してみてください。 毎日バナナ
睡眠

【カフェインと睡眠の関係性】カフェインは飲むタイミングと量が大事!?

今回のテーマは、カフェインと睡眠の関係性についてです。 一般的に、カフェインを摂取してから5時間〜8時間は効果が持続します。 ということは、最低でも寝る8時間前からは、カフェインをシャットアウトしましょう。 22時に寝るかたは14時までです。 飲む量は、成人1日約400ミリグラムまでのコーヒーなら安全とされています。 そして、一番効率の良いカフェインの摂取方法は、コーヒーナップです。 お昼の時間帯、コーヒーを飲んでから20分ほど昼寝をしましょう。 効果としては、脳をシャキッとさせ、パフォーマンスを上げます。
睡眠

【睡眠障害に注意!】睡眠とお酒(アルコール)の関係性について|毎日バナナ

睡眠とお酒(アルコール)の関係性についてというテーマです。 お酒は、寝付きが良くなるというメリットがある一方で、深い眠りができなくなります。 さらに、利尿効果もあるので、夜中にトイレにいきたくもなりますよね。 また、寝酒は絶対にしてはいけません。 この話を最後まで見ていただくと、 正しいお酒との付き合い方が見えてきます。 毎日バナナ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました